八重瀬町【趣味を楽しむ家】戸建てリフォーム『施工編Vol.3』

更新日:2021年1月25日



昨年より始まりました、【八重瀬町戸建てリフォーム】

年をまたぎ、着々と工事は進んでおります。


たくさんの職人さんの手を借り、施主様理想のお家へと♪


今回ご紹介します新着状況は・・・


■バーカウンター

■キッチンカウンター

■バーンドア(吊り引き戸)

■特殊塗装

■造作ベッド

■外壁工事


となっております!!



■バーカウンター


前回のブログでご紹介しました、胴縁を入れていたスペースです。

こちらが「趣味部屋」となります。


そして、施主様ご希望の【バーカウンター】を作っていきます。

まず、大工さんが間仕切りを作り、壁を貼っていきます。

こうしてベースが完成です。


壁ができる事で、部屋としてのイメージが見えてきますね。


今回、施主様がご自身で、木材を塗装してきてくれました!!

!!その枚数、約50枚!!

これだけの枚数を数種類の塗料で塗ってくださいました。


CL Planningは施主様も参加できるリフォームも行っております☆


●何か自分でやってみたい

●リフォームに参加してみたい

●DIYがしたい

●塗装してみたい

という想いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


中でも、ご家族で塗装で参加されるというケースが多いです♪


ご自身で手を加えたお家は楽しくなり、

思い出の1ページを作ることができます。


会話も弾み、一段と楽しく暮らせるに違いありません♪



今回のリフォームでは施主様が木材を塗装し持ってきてくださいました☆


こちらはバーカンターへ使用します。

大工さんのセンスにお任せし、一枚の板を切り貼りし、綺麗に仕上げてもらいました☆

おしゃれな、自慢のバーカウンターが完成です!




■キッチンカウンター


施主様のこだわりが詰まった理想のお家へ☆


次はキッチンに設置するカウンターです。


「朝、新聞が読めるくらいの広いカウンターが欲しい」というご要望でした。

また、奥様が毎日使うキッチンは使い勝手をよく、垂れ壁でおしゃれに♪

と言ったご希望もありました。


実現するべく、プラニング・設計通りに作っていきます。


まずはキッチンスペースの間仕切りと壁作りです。

カウンターを設置する土台ができたら天板をのせていきます。


天板はこの大きな天然木を使い仕上げていきます。



ここで一つ課題が!!

加工されていない天然木のため、通常の板と違い、反りがあります。


大工さんが作ってくれた土台に、ぴったり固定ができないのです・・・

このように隙間が・・・


これを解決すべく、大工さんの腕がなります!


土台を天板の形に合わせ、細かく、微調整をしながら削っていきます。

とても繊細な作業です。数ミリ単位で合わせてくれます。



さすがの職人技で、丁寧にぴったり、固定されました。


垂れ壁も完成し、キッチンスペースのベースも仕上がってきています!



■バーンドア(吊り引き戸)


お家の中にあったらおしゃれに見える『バーンドア』♪


検討してる~という方がいらっしゃいましたら、お勧めです。


通常の引戸と比べると、床にレールを設置しなくていいので、小さな段差もなく、

ホコリが溜まる心配がありません。


お掃除ロボットを使用する場合、ロボットにも負担をかけません。

以前のブログでも紹介させていただきました。

~快適リフォーム術~お掃除ロボットでホコリレス化~


1点、課題になるのが、固定箇所です。


吊り金具を設置するため、強度が必要になります。

そのため、コンクリにしっかり固定しなくてはいけません。


お勧めではありますが、設置をお考えの場合、まずは設置箇所の確認をお願いします。