那覇市戸建て【カフェスタイル】リノベーション『プラニング編』『施工編Vo.1』

更新日:2021年5月27日


3DパースLDK

今回は那覇市一軒家のリノベーションをご紹介いたします。



『プラニング編』


築40年のご自宅をリフォームしたいという事でご相談いただきました。

「HPの施工事例を見て、おしゃれだったから」と嬉しいお言葉もいただきました♪


=ご参考まで=

CL Planning施工事例



~お客様のご要望~

◆カフェ風なおしゃれな感じにしたい

◆和室を寝室にしたい

◆キッチンカウンターを作りたい・タイルを使いたい

◆お隣さんが近く、目隠しフェンスを設置したい


DIYがお好きな施主様はご自身で、床を貼ったり、塗装したりしていたようです。


そこもリフォームと一緒に綺麗に仕上げてほしいとご依頼いただきました。


お客様のイメージに合わせ、見れる化していきます!


プラニングの時点で3Dパースを作成し、直接お客様との打ち合わせ時に

ご覧いただき、その場で変更していくと言う場合もあります。


(3Dパースイメージ画像)


3Dパース真上から

こちらは真上から見た3Dパースイメージです!

間取りもわかりやすく見ていただくことができます♪


お客様とイメージが共有できましたら、工事が始まります!


 

『施工編Vo.1』


◆解体工事


今回のご依頼である、「和室を洋室に改修」の場所はこちらです。

床の間、仏間だった箇所を解体し、壁、床を剥がし、洋室し改修していきます。


解体後、たくさんの廃材がでます~!

解体し、廃材を出すの繰り返しでお家の中を一掃していきます☆



 


◆先行配管・先行配線


解体後、電気屋さん、水道屋さんが入り、電気配線や配管の位置調整を行ってもらいます。

リフォーム工事がスムーズに進むためにも大切な作業になります!


設計図通りに配線・配管しもらいます☆



 


◆大工工事


配線・配管と並行し、大工さんによって間仕切り壁が作られていきます。



今回、和室だったお部屋、施主様が気になっていたポイントがありました・・・


それは・・・

掃き出し窓があるにも関わらず、お隣さんと近距離のため、

なかなか開けずにいたという点。


お隣さんとの距離感、気になるポイントになりますよね~。

このお部屋を寝室にするにあたり、なおさら開けにくくなってしまいます。


そこで、CL Planningは考えました☆


開けないなら閉じてしまおう!!


「???」と思われたかもしれません^^


あるシカケを使い、ご要望に沿った素敵な間取りにしました♪


お分かりになりますでしょうか。

掃き出し窓のところに壁を作り目隠しにしました!すべて閉じてしまうと、暗くなってしまうため、広めの両開きの窓も付け、光を取り込めるようになっています。


窓を開けると、掃き出し窓の鍵にも手が届き、そのまま、窓も開けれる仕組みです♪

外から見ると本当に壁になっています。


こうする事で、お隣さんの目を気にせず、換気ができ、お部屋に光も取り込めます。

施主様の悩みの種だった、この掃き出し窓問題・・・


お喜びいただけ、解決リフォームができました☆


余談ですが。。。

掃き出し窓までのちょっとした奥行きスペースを有効活用し、壁に飾り棚も作りました!



床の間、仏間だったスペースは「ウォークインクローゼット」に♪

ハンガーポール用の間仕切りを作り、壁を設置するとクローゼットの出来上がりです。


奥に見える隙間は掃き出し窓の壁部分との隙間です。

なぜ隙間があるのか???は、次回ブログにてお伝えいたします!