糸満市戸建て『床張り替えリフォーム施工編』

更新日:2021年3月4日




今回はお客様より、現住居の床の相談から始まりました。


~ご相談内容~

・床が腐食してしまい困っているので、床の張替えをお願いしたい。


お問い合わせをいただき、早速、現場調査へ向かいました。


実際に見せていただくと、LDKの床の傷みは激しく湿気での反り返りも見られます、

一番痛みが激しかったのはキッチンの床!!


ご相談いただくまでは、キッチンの床の上に板を敷いて、

何とかやり過ごしていたとの事でした。



キッチン床上に置かれた板を取り、抜け落ちている個所などから床下を確認すると、

水が溜まってしまっていました。


漏水等が原因で床下に水が溜まり、

その溜まった水の影響で、床材は腐朽してしまい、臭いやカビなどの発生源に

なっていました。

この環境で長年生活する事は、心にも体にも負担がかかってきてしまいます。

ストレスが日々蓄積されてしまう状況です。



毎日、家族のお腹を満たすために欠かせないスペース・・・それがキッチンです。

お料理をする方にとってはとても大切な場所です。

家族がいる場合、みんなが行き来する場所でもありますよね。


このままでは不便ですし、何より危険です。

この状況を改善するべく


◆どこから水漏れしているのか

◆なぜ床下に水が溜まっているのか


これを、調べなくてはなりません。


しかも、ここは2階なのです・・・


現状を確認し、お客様へ「水漏れ箇所を探すことから始めましょう!」

と提案させていただきました。



【解体&侵入経路チェック】


どこからの水なのか・・・


とても不思議ですよね・・・


しかもここは2階です・・・


現場調査で怪しいと思われた浸水&漏水経路は

□キッチンの給排水の漏れ

□浴室床のコーキング劣化(剥がれ)個所からの漏水

□バルコニーからの浸水

□空気口からの浸水

□窓廻りコーキングからの浸水


これら個所を重点的に調べ、原因を追究していきます。


まずは解体です。

床の痛みがとても激しく、抜けてしまっているところから徐々に床を剥がしていきます。



お分かりになりますでしょうか。開けてみて驚きました!


常に水が溜まっている状態だったようです。


木材も朽ちてしまい、すぐに折れてしまいそうです。

カビもたくさん見られました。


これだけ、水が床下にあったという事は、

湿気が多く、不快に感じることも多かったと思います。


それが原因となり、壁紙も水分を含み、剥がれかけていました。


壁紙を剥がしてみると、壁下地にもカビがたくさん発生していました。

カビを除去する為にも、ここも綺麗に剥がしていきます。


思っていたより、どんどん広範囲にわたり解体が進んでいきました。


◆床下で水が漏れているのか?

◆外から雨水が入ってきているのか?

◆なぜ溜まっているのか?


職人さんと共に追求していきます。


キッチン・リビング・ダイニング、バルコニーの床材は腐ってしまっていたので、

全て取り除きました。


解体後、ポンプで溜まった水を抜き、乾かし、またどこから侵入してくるかを

調査していきます。


時間がかかる作業ですが、これを突き止められなければ、次の工程に進めないのです。


□キッチンの給排水の漏れ

 圧力検査等を行い、給水からの漏れではない事が確認できました。

 排水も問題ない状況です。


□浴室床のコーキング劣化(剥がれ)個所からの漏水

 水を流してみるとLDK側への水の漏水が確認されました。


□バルコニーからの浸水

 水を流してみるとLDK側への水の侵入が確認されました。


□空気口からの浸水

 一部壁を解体し確認したが、浸水の形跡はみられません。


□窓廻りコーキングからの浸水

 浸水の形跡は見られないが、一部コーキングの剥がれが確認されました。



さらに、雨や台風の後などに確認を行い、浸水個所を確認していきます!!