施工事例:プチリノベーション【和室改修工事編】



今回は「プチリノベーション」としまして、和室を洋室に改修した流れを

ご紹介いたします。


戸建てのリノベーションのご注文が多いですが、プチリノとして

「このスペースをリノベーションしたい。」と言ったお問合せもいただくことがあります。



今回も施主様はHPをご覧いただき、お問い合わせいただきました。


畳の和室2部屋を、洋室に変えたいというご要望です。



「床あげ工事」と呼ばれる作業を行います。



【床上げとは】建物の躯体を構成する基礎床に支持脚を設置して、一段高く床をつくる工事の事を言います。床と基礎床の間に空間をつくることで通気性・断熱性・遮音性を確保できます。



今回の工事の流れはこちらです↓↓↓


①畳を取り除く

和室の畳全て取り除きます。



②床上げ

畳が敷かれていた分、床が下がっていますね。

この部分に支持脚を設置し、板を貼っていきます。


こちらが綺麗に板が貼られた状態です。



③パテ作業

貼った板のつなぎ目など凸凹している下地を平らに滑らかにします。

ペースト状の充填剤で整えていきます。



④ポンリューム仕上げ

クッションフロアと言ったほうが聞きなじみがあるかもしれません。

やわらかい素材で、お手入れもしやすいです。

価格も天然木によるフローリング仕上げに比べるとお安くなっています。


価格を下げたいが、木目がいい~!と言うお客様にはポンリュームお勧めです♪

木目調だけではなく、今ではいろいろなデザインのポンリュームがあります。


CL Planningのショールームにもカタログがありますので、ぜひお立ち寄り、

お気軽にご相談下さい!!



⑤仕上げ

最後に綺麗に整え、片付けし、完成です!!

いかがでしょうか?

板張りの洋室に見えますよね♪


綺麗に生まれ変わり、裸足で歩くのが気持ちよさそうです☆



このプチリノは2日間で終了しました。


戸建て全体ですと何か月もかかる工事になりますが、プチリノはリノベ箇所によって、

数日~数週間ほどで終わるという点もメリットです。



~参考プチリノ~

トイレ → トイレ&シャワールームに改修


◍ビフォー◍


〇アフター〇


このような「プチリノベーション」もいかがですか?


「ちょっとここを変えたいな~!」

「水回りだけでも変えたい~」

「クロスを張り替えたいな~」

「床を張り替えたい」などと言ったご相談も承っております。


施工事例:「プチリノ」もよろしければご参考くださいませ。


ご購読いただきありがとうございました(^^)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


沖縄の八重瀬町にあるCL Planningは、沖縄に住む皆さんに理想の家をお届けします。 『ご自身に合う住宅探し』や『理想の家作り』、『家事ラク』のご相談をしたい方は、

下記リンクのお問い合わせより、ご相談下さい。


CL Planningホームページ

CL Planningへお問い合わせ


17回の閲覧0件のコメント

リフォーム

リノベーションで

​想いを「かたち」に

  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon

株式会社トーエイ建設産業

​沖縄県島尻郡八重瀬町

字東風平391-5

🄫2018CL Planning
「くうかん」を共にぷらんにんぐプランニング